■■■ 活動日誌 ■■■

 

▽ 活動日誌                                         

◎平成16年 8月2日(月) 〜 30日(水)
 


☆ 活動日誌のバックナンバーはこちら


ご意見をお待ちしています。

もどる

☆平成16年 8月30日(月)                                   

 本日は、 市議会の「鉄道対策・農水省跡地利用特別委員会」に出席しました。街では、高架下の利用が話題となってきており、私は、地域へのしっかりとした説明を要望しました。

☆平成16年 8月29日(日)                                   

 本日は、午前9時から「平成16年度 武蔵野市総合防災訓練」が、今年は桜堤公園および市立第二中学校の校庭にて実施されました。
 本日も、昨日に引き続いて台風16号の影響で雨が降りしきるなかでしたが、市・消防団・消防署・警察・自衛隊 ・医療・ガスや電気などのライフライン関係機関、及び市民など計950名が参加して、武蔵野直下型地震を想定した発災対応訓練が行なわれました。

☆平成16年 8月28日(土)                                   

 本日は、毎年恒例で開かれている地元の武蔵境自動車教習所の「第15回交通遺児チャリティーサマーフェスティバル」に 子どもと一緒に出かけました。
  きょうは、台風16号の影響であいにくの雨模様となったため、いつもより規模を縮小して行なわれ、毎年地域で楽しみにされているフィナーレの「打ち上げ花火」も中止となってしまいました。 それでも、2,000人の入場者があったとのことでした。さすがです。

☆平成16年 8月27日(金)                                   

 本日午前中は建設委員会を傍聴。その後、午後3時より、定例会前恒例の会派会議に出席。昨日の友好三会派代表会議での案件を含め、協議を行いました。

☆平成16年 8月26日(木)                                   

 本日午前中は厚生委員会を傍聴。その後は昼、9月1日よりはじまる市議会第三回定例会に向けて、毎定例会前に行なっている友好三会派代表による会議を行いました。

☆平成16年 8月25日(水)                                   

 本日は、所属する青少協(青少年問題協議会第二地区委員会)の、この夏の各種イベントの反省会並びに懇親会が開かれました。
 私たちの第二地区で行なう行事はいつも参加者が多く、この夏も、昨年より若干参加者が減ったものの児童・指導者を含めて計175名が参加した、まさにジャンボな規模の「ジャンボリー」や、PTAとの共催で行なうプール開放も、市内では異例の10日間というロングランで、青少協、PTAの方々もなかなか大変だと思います。
 私としては、子どもたちの健やかな成長を願ってのこれらの事業に、ぜひ若いお父さんたちにももっと参加していただけないものかなと思っています。

☆平成16年 8月24日(火)                                   

 本日朝は、恒例の毎週火曜日午前7時半から行っている早朝駅頭「市政・都政報告」を、吉祥寺駅北口にて行いました。
 その後午前中は、市議会の「文教委員会」に出席。市民から出されていた保育園通園に関する陳情が取り下げられたため、すぐに終了しました。
 夜は、他市の議員などと情報交換。

☆平成16年 8月23日(月)                                   

 本日は、市議会の「総務委員会」を傍聴するなどしてすごし、午後は、(社)武蔵野青年会議所で私が委員長を務めている「広報委員会」が編集するJC広報誌「友情」の本年度特別企画、「理事長対談」の第5回目として、武蔵野JC第13代理事長で、(株)リベスト代表取締役、2001〜2002ロータリークラブ会長も務めた 荒井伸吉 先輩に対談していただきました。地域密着型の経営で業績を伸ばす荒井先輩は、青年経済人である我々JCメンバーのひとつの目標でもあります。
 

☆平成16年 8月18日(水)〜20(金)「大崎上島町」訪問&「家族ふれあい事業」視察 

 上記日程にて、田中議長を団長とする武蔵野市議団21名で、武蔵野市の友好都市「大崎上島町」(旧・広島県大崎町)への公式訪問と、『鳥取県家族ふれあい自然体験事業』で武蔵野市から50家族167名が滞在中の「鳥取県岩美町」を視察してきました。以下、ご報告いたします。

▽ 8月18日(水)

◎広島県大崎上島町…島内3町合併後初の公式訪問及び島内視察。

 大崎上島町は、 瀬戸内海の中央、芸予諸島に浮かぶ大崎上島で構成され、南は愛媛県大三島、岡村島に海上1kmで面し、北は本土の広島県竹原市、安芸津町に海上10kmで面している、人口約1万人 、面積43.24kuの風光明媚な島です。
 武蔵野市との交流は、昭和62年に旧・大崎町長が武蔵野市を訪問したことをきっかけに、平成2年に旧・大崎町と友好都市関係を結び、以来、さまざまな交流が続けられてきました。しかし、国の合併促進の流れなどもあり、それまで旧・大崎町を含めて大崎上島を構成していた島内の他の2町(東野町、木江町)と合併をすることになり、平成15年4月1日、新たに「大崎上島町」が誕生しました。心配されていた武蔵野市との友好都市関係も継承されることになったため、このたび市議団で公式訪問をした次第です。
 今回は、他の2町である旧・東野町や旧・木江町地区の視察、同地域の議員との交流を目的としたものでもあり、懇談会には多くの町議会議員が出席してくれて、懇親を深めることができました。

▽ 8月19日(木)〜20日(金)

◎鳥取県岩美町…『鳥取県家族ふれあい自然体験事業』視察。

 同事業は、夏休みを利用して親子の絆を深めてもらうと同時に、都会に住んでいては実感することができない日本の一面である農山漁村を知り、民泊などを通じて地域交流も図ることを目的とするもので、武蔵野市と鳥取県の共同事業として平成15年からはじまりました 。この事業については、鳥取県の片山知事が先頭になって取り組んでくれており、同県の岩美町、鹿野町、智頭町、福部村、三朝町で民泊・民宿し、事業へのご協力を頂いております。
 今回私たちは、鳥取県のこの事業の呼びかけに率先して手を挙げ、全面的なご協力を頂いた岩美町を視察しました。
 岩美町は 鳥取県の東北端に位置し、東に兵庫県、北に日本海、南には中国山地が連なり、人口約1万5,000人 、面積122.4ku。日本海に面する東西15kmのリアス式海岸は「山陰海岸国立公園」に指定されている日本屈指の景勝地を持つ町です。
 私たちが視察したこの日は、数日前から台風が近づき、訪問していた市民の方々の体験事業ができるか心配されていましたが、台風がずれてくれたようで、好天のもと、家族でイカの一夜干し体験を楽しんでいました。

 

 今回、日本のすばらしい原風景、そこで暮らす人々の暖かさに触れ、武蔵野市の交流事業の実際も見たわけですが、少子高齢化が進む日本の中でも、とりわけ人口減少が顕著で、国の保護(補助)がなければ到底やっていかれないであろう 行政地域の姿を見て、今後これらの町がどうなっていくのか、都市と農山漁村との共生のあり方など、都市の側に住む人間として改めて考えるものがありました。
 

☆平成16年 8月17日(火)                                   

 本日朝は、今年の1月から恒例で毎週火曜日午前7時半から行っていた早朝駅頭「市政・都政報告」を、夏休みはジャンボリーや個人の夏休みなどみんなの予定の関係で小休止しておりましたが、ひさびさに武蔵境駅北口にて行いました。
 本日午後は、CS放送「スカイパーフェクTV」に、日本の伝統文化の復興と 、日本人本来の「心」を取り戻すべく創立され、一昨日8月15日に開局した、日本文化チャンネル「桜」(ch.767)の「地方議員アワー」への出演を依頼されていたため、出演させていただきました。私は、今のところCS放送「スカイパーフェクTV」には加入していませんが、9月14日に放送される予定だそうです。

☆平成16年 8月15日(日)                                   

 本日は、自由民主党東京都連青年部主催により、毎年恒例で行なっている「靖国神社」の参拝に行きました。
 今年は、日曜日ということもあって参拝団が全国各地からいつもよりかなり多く予定されているとの事で、神社側から「いつも来てもらっている自民党青年部さんには申し訳ないが時間を早めてもらいたい」との意向が伝えられ、朝8時に神社に集合して本殿にて参拝しました。
 来年は終戦から数えてちょうど60年です。英霊の方々が一命を賭したに値する国家、精神的にも経済的にもしっかりとした日本を築いていかなければと、決意を新たにしました。

☆平成16年 8月12日(木)                                   

 今年5月15日(土)に所属する(社)武蔵野青年会議所が主催したわんぱく相撲の地域大会(武蔵野場所)から市立桜野小学校5年生の沢田日出夫君が、6月27日(日)の東京都大会、そして先月7月27日(日)の全国大会へと勝ち上がり、見事優勝して5年生の『横綱』になったことから、JCの広報誌「友情」の号外を発行することになっていることは以前にもご報告しましたが、本日は、その発送に便乗して同封する、私が委員長を務める広報委員会担当の9月例会(教育に関する「講演」〈みなみらんぼう氏/武蔵野市教育委員・シンガーソングライター〉並びに「シンポジウム」〈(株)朝日塾中学校社長、PTA連絡協議会副会長、市教育長、JC理事長〉)の案内チラシも含めた最終校正や、その発送準備作業などをしてすごしました。

☆平成16年 8月11日(水)                                   

 昨日(10日)ときょうは、たびたびこの日記で報告している青少協とPTAの共催で行なっている、二小の「プール開放」の指導をしてすごしました。
 さすがに、3日続けて顔を出すと、子どもたちも顔と名前を覚えて、態度もなれなれしく?なってきて、かまってもらおうと水の中で絡みついてもきたりします。まあ、そこが子どもたちのかわいいところですよね

☆平成16年 8月 9日(月)                                   

 本日午前中は、以前にもご報告した青少協とPTAの共催により行なっている、二小の「プール開放」の監視のお手伝いに行きました。
 他の方の指導のときにお手伝いをするのは、自分の指導のときにお手伝いに来てくれることへの返礼の意味もあるのです。
 本日夕方からは、自民党三多摩支部連合会主催による参議院議員選挙報告会が立川グランドホテルにて開催され、各市から選挙各部責任者が招かれたので出席しました。
 中川まさはる参議院議員は東京でトップ当選でしたが、民主党の2人の合計表はほぼ倍ということもあって、選挙責任者や来賓等の挨拶も反省会のような言葉が続きました。

☆平成16年 8月 7日(土)                                   

 本日は、昨日きょうと開かれている境南協栄会主催の「境南まつり」にご案内いただいていたので、子どもたちと一緒に顔を出しました。途中ですこし雨も降り出してきてしまいましたが、こういう地域のおまつりは子ども時代の思い出に残るものですよね。

☆平成16年 8月 6日(金)                                   

 本日は、 自民党武蔵野総支部の役員会および選挙(参院選)報告会に出席。役員会では、私が会長を務める政務調査会が主管する各種事業、9月25日(土)スイングホールでの大仁田厚参議院議員を招いての講演会や、その他、地域版タウンミーティング、市民ヒアリング等、今後の予定の承認を受けました。
 選挙(参院選)報告会では、鳩山邦夫衆議院議員や、今回当選した中川まさはる参議院議員も出席され、今後の自民党のあり方や都市型選挙の課題なども話し合いました。
 なお、その後に行なわれた支部の暑気払いは中座して、武蔵境の居酒屋で開かれていた六中のミニ同窓会へ。年に1〜2回、地元にいる同級生を中心に10〜15人位が参加して気軽に行なっています。

☆平成16年 8月 5日(木)                                   

 本日日中は、各種事務作業などをしてすごし、夜は、所属する(社)武蔵野青年会議所の8月定例理事会に出席しました。

☆平成16年 8月 4日(水)                                   

 本日は、午前9時半より、当面の予定及び9月議会の打ち合わせで正副議長・正副議運委員長による4者会議に出席、その後10時より議会運営委員会を開催しました。
 午後は3時より、所属する日本会議の首都圏地方議員懇談会の勉強会に出席。きょうは明星大学の高橋史朗教授を招いて、現在地方自治体で進む男女共同参画条例制定の動きや留意すべきポイントなどを研究しました。
 夜は、自民党三多摩支部連合会青年部の執行部並びに青年部長合同会議に出席。さきに行なわれた参議院議員選挙等について話し合いました。

☆平成16年 8月 3日(火)                                   

 本日は、 所属する(社)武蔵野青年会議所で私が委員長を務める広報委員会が毎月発行している「武蔵野JCメールマガジン」の8月号の発行作業や、先月のわんぱく相撲の全国大会で武蔵野市立桜野小学校5年生の沢田君が優勝したことから、JCの広報誌「友情」の号外を発行することになっており、その編集作業などをしてすごし、夕方からは広報委員会を開催しました。

☆平成16年 8月 2日(月)                                   

 本日日中は、毎年夏休み中の10日間、青少協とPTAの共催により行なっている、二小の「プール開放」がきょうからはじまったので、指導&監視のお手伝いに行きました。
 私も、二小のプール開放は今年で6年目になりますが、なにしろ1年のブランクがあるので、手順の確認などを含めて、先輩指導員の準備や監視のお手伝いをしながら再勉強をすることにしているのです。
 


☆ 活動日誌のバックナンバーはこちら


ご意見をお待ちしています。

もどる